日常エウレカ!

パソコン関連・DIY・音楽・ライブ・クロスカブ・評論などを紹介

【クロスカブ】タイヤの空気圧をチェックする

スポンサーリンク

バイクのタイヤの空気圧は、本来、日常点検項目だと思うんですが、カブなどの気軽に乗れるタイプのバイクでは、なかなかマメにチェックしている方は少ないかもしれません。

 

たしか、ホンダも「少なくとも1ヵ月に1回はタイヤの空気圧をチェックするようにしましょう」と言っていたと思うので、僕も月に1回はバイク屋さんに行って空気圧をチェックしてもらってました。

 

で、少し前に、安いコンプレッサーを購入したので、自分で空気圧をチェックするようになりました。


※この製品の場合、下の写真のように、エアチャックガンを取付けるホースの口は、加工が必要です。(エアカプラー?のような名前のパーツを取付けます)

f:id:napamaru:20170511152904j:plain

電源が、車の12Vから取るタイプですが、このコンプレッサーが安かったので、これに・・・

f:id:napamaru:20170511153036j:plain

このエアチャックガンを付けてます。
で、タイヤにエアを入れる際のエアチャックはL字型のものに付け替えてます。

f:id:napamaru:20170511153410j:plain

この形でないと、バイクのタイヤのエアの計測は、なかなかうまくいかないので、後から追加で購入しました。

f:id:napamaru:20170511154206j:plain

L字型じゃないと、こんな感じにはいかないんですよね。

 

 ↓↓念のため、アマゾンのリンクを貼らせていただきます。

BENTECH ダイレクトドライブ120Wモーターコンプレッサー DC12V 0311

BENTECH ダイレクトドライブ120Wモーターコンプレッサー DC12V 0311

 
SK11 エアチャックガン グリップ ホース長 400mm ATG-001

SK11 エアチャックガン グリップ ホース長 400mm ATG-001

 

 

で、計測です。
チェーンカバーにも記載がありますが、ホンダによると、クロスカブのタイヤ空気圧は、「前輪:175kPa(1.75kgf/c㎡) 後輪:225kPa(2.25kgf/c㎡)」とのことです。

 

f:id:napamaru:20170511154417j:plain

これが、前輪の175kPaをチェックしてるところですが、このエアチャックガンの目盛りだと、1の位は目分量であたりをつける感じになっちゃいます。
で、同様に、後輪の225kPaもチェックします。
もちろん、エアチャックガンを付けているので、空気圧の数値によって、空気を入れたり抜いたりできます。
ちなみに、このコンプレッサーはかなり音が大きいです。

 

結局、自分で道具を揃えても、月に1回程度しか空気圧はチェックしてないんですけどね。
バイク屋さんに、「自分でコンプレッサーを買ったので、自分で空気圧をチェックしている」と話したところ、あまり安いコンプレッサーだと、空気と一緒に「水分」が入ってしまうことがあるとのことで、長い目でみると、あまり良くない場合もある、とのことでした。
(後日追記:コンプレッサーについて調べてみると、やはり、水分の分離とうか除去は、やらなければいけないようです。現状では、水分の分離については何も行なっていません。まぁ、頻度が低いから、いいかな的な安易な考えです。)
それもあって、何回かに1回は、バイク屋さんに行って空気圧をみてもらってます。

 

まぁ、バイク屋さんが近くにある場合は、月1回くらいのことなら、空気圧以外のこともついでに相談できるので、バイク屋さんに行った方がいいかもしれません。
ただ、自分でもこういう道具を揃えておくと、何かと安心ではあります。

 

スポンサーリンク

 

 

[2018.12.09 追記]
自宅の車を廃車にしたので、車からコンプレッサーの電源がとれなくなってしまったので、家庭用100Vの電源用のアダプタを購入して使っています。

 

最初、6Aの安いアダプタを購入したら、コンプレッサーが正常に動かなかったので、上のアダプタを再度購入しました。
よくわからないんですが、10A・120W等のスペックがないと、コンプレッサーには適さないようで、アマゾンのレビューをみて、これを購入。
1回試したところ、コンプレッサーが動き、無事に空気圧をチェックできました。(今後、永続的に動くかは、これから使って試していきます)