日常エウレカ!

パソコン関連・DIY・音楽・ライブ・クロスカブ・評論などを紹介

でんぱ組.incをディスって炎上、癌の歌でまた炎上

スポンサーリンク

※この記事は、当初、2016年に投稿したものです。件のアイドルユニットが活動停止していることもあり、一時、記事を非公開にしていましたが、アイドルユニットの名前をアルファベット表記(アイドルユニットA)に直し、文章を再構成、加筆・修正して、2019年5月に再投稿させていただきました。(アイドル界隈では有名な出来事ですし、URLでユニットの名前はわかってしまうかもしれませんが・・・)

---------------------------------------------------------------------------------------

2016年10月に東京ドームシティホールでワンマンライブを行った2人組の女性アイドルユニットAが、この公演の中の寸劇で、アイドルグループ・でんぱ組.incに対して「ブス」と言ったことが、ネットで炎上しているようです。

f:id:napamaru:20190518054709j:plain

ライブででんぱ組.incをネタにする 

今回、そのアイドルユニットAは、お笑いコンビ・アンジャッシュの「勘違いコント」のように、メンバーのNさんがでんぱ組.incの写真を見て「ブス」と言い、メンバーのHさんは別の写真を見て「かわいい」と言うような「すれ違い」で笑いを起こす内容の寸劇を行ったそうです。(僕も観に行ってないので、後日いろいろ調べた内容ですが)
特に、ピンキー!(藤咲彩音)さんを集中的にブスと言ったとか。

 

でんぱ組.incのファンの中には、でんぱ組.incは「顔」で売ってるアイドルではないとは常々思っている方も相当数いるかもしれず、これはこれで「おいしいんじゃないか」と思ってる方も中にはいるかもしれませんが、少なからず不快になる方もいるでしょう。かなり、際どい笑いかもしれません。
僕自身もでんぱ組.incのファンなので、この話題はやはり気になりました。

 

実際に、この東京ドームシティホールのライブは、でんぱ組.incのメンバー・夢眠ねむさんが観に行っていて、ねむさんがアイドルユニットAの楽屋に行った際に、アイドルユニットAのメンバー・Hさんが、スライディング土下座をして謝った、ということが、ねむさんと行動をともにした別のアイドルのツイートで明かされています。

 

寸劇のネタをつくっているHさん、でんぱ組.incの夢眠ねむさんもそれぞれツイートしています。

●メンバーHさんのツイート

でんぱ組.inc、この間@JAMで見た時に、絶妙なバランスと、全体のマッチ感と、完璧なパフォーマンス力に圧倒されました。生で見ると、やっぱりプロでした。寸劇では超disったけど、めちゃくちゃ尊敬してます。なので、いつか直接ご本人に会えたらガチで土下座します。
(メンバーHさんのツイッターより引用)

 ●夢眠ねむさんのツイート

ワンマンライブ良かったし衣装可愛かったし面白かったし行けてよかった ₍₍⁽⁽(ી( бωб)ʃ)₎₎⁾⁾
(夢眠ねむさんのツイッターより引用)

再炎上?! 

・・・と、基本的には、ここらへんでネットの反応も一旦おさまりつつあったように見えましたが、10月25日のねむさんのツイートで・・・

これ別件ですけど、体感してもないのにネットに転がってる情報だけ見て正義感振りかざすのってとんだ無粋ですよ。楽しく遊んでるのにいきなりぐちゃぐちゃにされたらびっくりしてポカン顔しかできないもん。あれも、これも。
(夢眠ねむさんのツイッターより引用)

・・・なんか、ツイッターで、でんぱヲタの人が、何かアイドルユニットAのことをリプでもしたのか、ねむさんのこのあたりのツイートで、今まで、このアイドルユニットAが何をしたかを知らなかった別のでんぱヲタの方々が、あらためてネットで調べて、また騒ぎ出して、もう一回炎上してしまった感じのようです。
まぁ、この記事を書いてる僕も、件のアイドルユニットAのライブには行ってないので、「体感」はしてないんですけど。

 

Hさんも謝ってるし、本人(と言っても、メンバーの中で、ねむさんだけですが)も別に気にしてなさそうなんでもういいんじゃないかと思いますけど・・・。

 

ただ、他のアイドルのことをブスブス言って、笑いをとろうとするスタンスは、言われたアイドル本人が良しとしても、そのアイドルを本気で応援しているファンにとっては、なかなか受け入れにくい笑いだと思います。

 

Hさんも、気持ちを新たにしている様子です。

ワンマンの件について。怒られたり、嫌われたりして当たり前、むしろそれを分かった上で実行するという選択肢を選んだので、私達を嫌いになるのは全然構わないです。もう、やってしまったことは取り返しがつかないわけですし。誰も不快にさせないで「面白い」を作る方法、見つけますね。
(Hさんのツイッターより引用)

ガンの歌で炎上 

で、これは、どこ発信なのかわかりませんが、この炎上と時を同じくして、同じアイドルユニットAのある楽曲が、「癌患者に配慮がたりない」とバッシングを受けています。

歌詞の内容としては、 
「母親に言われた ガンガンがんばれ がんばれがんばれ癌になるまで」といったような内容です。
この「がんばれがんばれ癌になるまで」あたりが、配慮がない、と言われる部分だと思います。
「死ぬ気でがんばれ」の比喩みたいなものかとは思いますが、ちょっと聴いただけでは真意がわからないという意味で、あまり好ましくないように思います。
(僕も歌詞全体を見ても、真意はよくわかりませんが・・・)

 

また、SMAPの中居さん司会の番組に出演したアイドルユニットAのメンバー2人が、中居さんに対して敬語を使わない、とジャニヲタの方々もざわついていたり、ますます世間に注目されてきてるみたいです。

とても面白いアイドルなので、なんとか、ここを持ちこたえてほしいですね・・・

 

[2017.01.26追記]
先日、2017年1月14日のアイドルフェスで、アイドルユニットAは、活動休止を宣言しました。

 

[2016.10.30追記]
「持ちこたえてほしい」と書いて終わった記事ですが、作家の雨宮処凛さんの10月26日のブログの記事で、また新たな火種が出てきました。

前述のTDCホールのワンマンのライブを雨宮さんが観に行った際のオープンニングSEが、とても差別的だった、ということです。

それはとある女性アイドルのライブに行った時のこと。(中略)
ドキドキしながら開演を待っていると、開演時間を過ぎたところでオープニングSEらしきものが流れ始めた。
といっても曲ではない。(中略)
なんだろう?
これもライブを盛り上げるための仕込みなんだろうな、とワクワクしながら聞いていると、苛立ったような声の女性は、
「なんで反原発、左翼、朝鮮人のデモは許可するのにこっちは駄目なんだよ」というようなことを吐き捨てるように言ったのだった。(中略)
その後も女性が警察らしき人に絡む声が続き、再び「反原発、左翼、朝鮮人
が」というところで音声はゆっくりとフェイドアウト。
会場からは大きな笑いが起きたのだった。
(雨宮処凛がゆく!第392回 から一部引用)

雨宮さんは、気分を害して、ライブの途中で帰ったそうです。
ちなみに、雨宮さんは、このライブが具体的に誰のライブとは表記しておらず、このアイドルユニットを名指しで批判はしていません

このSEの音源は、ネットで特定されていて、YouTubeにアップされた、ある精神状態の安定しないネトウヨの女性が怒鳴っている動画のようです。

雨宮さんは、これをもって、このアイドルが右翼的とか左翼的とか言うのではなく、「差別の娯楽化」のような雰囲気に問題があると指摘しています。
(内容的には、ネトウヨの発言を笑いの対象にしてる、あるいは、音声の女性そのものを笑いの対象にしている感じがしますが)

 

彼女達は、他のネタで充分に笑いがとれる力があるのだから、ギリギリの笑いを狙う必要はないんじゃないかな、と思います。
炎上を狙ってたりしたら別ですけど。

 

「セルフプロデュース」が売りの彼女たちですが、Hさんの母親もマネージメントには関わっているようですし、もう少し、まわりの大人たちが、チェックしてもいいのかな、とも思います。(面白さが半減する可能性はありますが。)

 

[2019.05 追記]
前述の通り、全体的に内容を加筆・修正しました。
投稿を一時削除する前に、アイドルユニットAのファンの方からコメントを1件いただいていました。内容的には、「アイドルのあり方」についての僕の解釈に対する批判でした。当時は、そのコメントと僕からの回答を掲載していましたが、コメント内にユニット名があるので、コメントは非公開とさせていただきました。

 

【関連記事】

www.nichijyo-eureka.com