日常エウレカ!

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

【関ジャム完全燃SHOW】売れっ子音楽プロデューサーが本気で選んだ2017年間ベスト10

昨日2018年1月21日、テレビ朝日系「関ジャム完全燃SHOW」で、好評企画である音楽プロデューサーが注目の楽曲を紹介するシリーズの「売れっ子音楽プロデューサーが本気で選んだ2017年 年間ベスト10」が放送されました。


音楽プロデューサーが、昨年気になった楽曲をベスト10形式で発表し、解説をしていくスタイルの番組内容で、今回出演の音楽プロデューサーは、いしわたり淳治さんと蔦谷好位置さんの2名でした。

この番組で、音楽プロデューサーが楽曲を紹介し解説を加える企画を放送すると、何曲か、すごくバズる曲が出てくることもあり、興味深いです。

 

いしわたりさんは作詞家なので、主に楽曲の歌詞からアプローチした解説があり、蔦谷さんは、作詞も作曲も編曲もする音楽プロデューサーなので、サウンド面から、また、楽曲の背景などからもアプローチした解説がありました。

 

蔦谷さんが過去に「関ジャム完全燃SHOW」に出演した際、清竜人さんの「All My Life」日食なつこさんの「水流のロック」を紹介したところ、放送後に、iTunesのランキングが急上昇したり、その他、同様の企画で紹介したアーティストのYouTubeの再生回数が大幅にアップしたりと、音楽シーンに対して、一定の影響のある企画と言えるようです。

 

音楽プロデューサーが選んだ2017年 年間ベスト10

では、2名のプロデューサーが紹介した2017年のベスト10をみていきましょう。

いしわたり淳治が選んだベスト10

10位 高橋優「 ルポルタージュ」
  9位 あいみょん 「君はロックを聴かない」
  8位 Doughnuts Hole 「おとなの掟」
  7位 DAOKO × 岡村靖幸 「ステップアップLOVE」
  6位 吉澤嘉代子 「残ってる」
  5位 DADARAY 「少しでいいから殴らせて」
  4位 欅坂46 「避雷針」

 

  3位 SHISHAMO 「魔法のように」
  2位 TWICE 「TT」
  1位 菅田将輝 「呼吸」

 

(「関ジャム完全燃SHOW」2018年1月21日放送分より引用) 

あいみょん 「君はロックを聴かない」↓↓

 

スポンサーリンク

 

 

蔦屋好位置さんの紹介する楽曲は、1位が圧倒的にずば抜けていて、その他の楽曲は全部2位、というような感じとのことです。

蔦谷好位置が選んだベスト10

 10位 SEVENTEEN AGAiN 「絶対君じゃいやなんだ」
  9位 JPTHE WAVY 「Cho Wavy De Gomenne」
  8位 MAHBIE 「Space Brothers」
  7位 あいみょん 「愛を伝えたいだとか」
  6位 AmPm 「Best Part of Us」
  5位 奇妙礼太郎 「君はセクシー」
  4位 吉澤嘉代子 「残ってる」

 

  3位 平井堅 「ノンフィクション」
  2位 Official髭男dism 「Tell Me Baby」
  1位 米津玄師「灰色と青(+菅田将輝)」

(「関ジャム完全燃SHOW」2018年1月21日放送分より引用) 

 

いしわたりさんも蔦谷さんも、シンガーソングライターのあいみょんさんを上げていて、また、2人とも、吉澤嘉代子さんの楽曲「残ってる」を上げています。

吉澤さんは、2014年メジャーデビューした、個性的な歌声と独特な歌詞が魅力の女性シンガーソングライターです。

 

吉澤嘉代子さんの「残ってる」について、いしわたりさんは、

多くの人が経験があるだろう、朝帰りのあの感じ。
帰りたくない、隣で眠っていたい、と直接的、感情的に書くのではなく、素直に帰りながら「まだあなたが残ってる」と表現するセンスに彼女の美学を感じます。

この「あなたが残ってる」という言葉は、聞き手がそれぞれの「あなた」像をしまえるしっかりした造りの棚になっている気がします。

 (「関ジャム完全燃SHOW」2018年1月21日放送分より引用)

 と、解説しています。

一方、蔦谷さんは、吉澤嘉代子さんの「残ってる」について、

朝帰りというとネガティブなイメージがあるが、一人の女性の心情をこんなにも美しく切なく描ける才能と、それを表現しきる歌唱が素晴らしい。
まるで映画のワンシーンを切り取ったような歌。

イントロが井上陽水の「帰れない二人」とそっくりでおそらくオマージュとしてわざと似せていると思う。

(「関ジャム完全燃SHOW」2018年1月21日放送分より引用)

 と、解説しています。

吉澤嘉代子「残ってる」↓↓

 

残ってる

残ってる

 

 

また、蔦谷さんは、あいみょん さんの「愛を伝えたいだとか」について、

歌詞に注目されることが多いシンガーソングライター
だけど、メロディメイカーとしての才能も光っている曲。

Just The Two Of Us進行と呼ばれる有名なコード進行を使った曲で、邦楽では椎名林檎の「丸の内サディスティック」など名曲も多いが コード進行自体の色が強いので メロディーが負けてしまい平凡な曲になりがちな諸刃のコード進行。

その中で、自身の声の魅力をいかした印象的なメロディーを作れるところが彼女の強みの一つだと思います。

(「関ジャム完全燃SHOW」2018年1月21日放送分より引用)

 と解説しています。

あいみょん 「愛を伝えたいだとか」↓↓

 

 

蔦谷さんは、1位の米津玄師さんについて、楽曲の詳細な解説をしつつ、

今 日本で一番自由を手の入れて成功しているアーティストだと思う。

(中略)

世界を見渡してみても米津くんほど美しい音楽を作っているアーティストはなかなかいないと思います。 

(「関ジャム完全燃SHOW」2018年1月21日放送分より引用)

 と、米津さんをベタ褒めでした。

 

放送翌日のiTunesランキング

当ブログでは、毎回、「関ジャム完全燃SHOW」でこの種の企画が放送された際の、放送前と放送後の「iTunesランキング」の変化(何か急上昇した曲がなかったか?など)に注目してきました。

で、今回の放送後と翌日早朝のiTunesランキングを比較してみましたが、大幅にランクアップしている曲はなかったようです。

今回紹介された、TWICE「TT」・平井堅「ノンフィクション」・米津玄師「灰色と青(+菅田将輝)」など、iTunesランキング上位にありますが、もともと上位だったので、ほとんど順位は変動なしです。

 

その他、YouTubeの再生回数などに影響があったかもしれません。

 

蔦谷さんが6位に紹介しているAmPm「Best Part of Us」は、元々は、日本人でありながら「Spotify」(ストリーミングで音楽が聴けるアプリ)の海外ランキングにチャートインして逆輸入的に話題になっていた曲だそうです。

iTunesやオリコン以外の、様々なサービスのランキングに注目していくことも興味深いですね。

 

個人的には、あいみょんさん以外は、普段は聴かない曲か知らない曲ばかりでしたが、あらためて、他の曲も聴きたいと思いました。
今回紹介されたアーティストの今後の活躍が期待されます。
特に、吉澤嘉代子さんなど、今年2018年に活躍しそうな予感がしますね!!

 

「2018.10.28 追記]
いしわたりさんと蔦屋さんの2人があげた、吉澤嘉代子さんの「残ってる」の素晴らしいライブ動画がアップされたので、リンクさせていただきます。
降っている雨が、まるで「演出」かのように素敵な雰囲気です。 

 

【関連記事】

www.nichijyo-eureka.com

 

スポンサーリンク