日常エウレカ!

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

【関ジャム完全燃SHOW】遅ればせながらQUEEN特集 名曲ベスト10

世界的に有名なロックバンド「QUEEN(クイーン)」の映画「ボヘミアン・ラプソディ」が大ヒットしていますが、音楽をテーマとしている「関ジャム完全燃SHOW」(テレビ朝日系)では、まだQUEENに触れてこなかったとのことで、今回2109年2月10日の放送では「遅ればせながらQUEEN特集」として、QUEENの名曲ベスト10やQUEENファンの音楽のプロが音楽性を解説する企画が放送されました。

個人的にも、学生の頃からQUEENをよく聴いていたので、とても楽しみな特集です。

QUEEN特集

【ゲストは音楽のプロ】

QUEENの熱狂的なファンの音楽のプロのゲストは次の3人

本間昭光さん:音楽プロデューサー
HEESEYさん:THE YELLOW MONKEYのベーシスト
EMMAさん:THE YELLOW MONKEYのギタリスト

 

(※記事中のコメント・ランキング等の文章は、「関ジャム完全燃SHOW」2019年2月10日放送分より引用させていただいております。)

 

【QUEENのメンバー】

・ボーカル:フレディ・マーキュリー 
・ギター:ブライアン・メイ 
・ベース:ジョン・ディーコン 
・ドラム:ロジャー・テイラー 

・・・の4人で、4人とも作曲し、大ヒット曲を持っています。

 

では、「マニア&ビギナーファンが選ぶ QUEENの名曲ベスト10」の10位~6位をみていきましょう

スポンサーリンク

 

 

10位~6位

☆QUEENには珍しいブラックミュージック曲
10位 「Another One Bites The Dust(地獄へ道づれ)」(’80)
作詞・作曲:ジョン・ディーコン(ベース・メンバー最年少)

実際、映画「ボヘミアン・ラプソディ」では、ジョンがリフを弾き始め、曲が完成するシーンが描かれている。
全米でも1位となったQUEENの最大ヒット曲。
アルバム収録曲だったが、マイケル・ジャクソンの勧めでシングルカット。

 

☆ロックとゴスペルが見事に融合した名曲
9位 「Somebody To Love(愛にすべてを)」('76)
作詞・作曲:フレディ・マーキュリー(ボーカル)

映画「ボヘミアン・ラプソディ」では、ライブエイド開始前のシーンで使用。

【本間昭光コメント】
ゴスペルのコール&レスポンスのコーラスが見事。
終盤はハンドクラップでどんどん盛り上がっていく完璧なQUEENサウンド。

 

☆QUEENの良さが満載 初期の大ヒット曲
8位 「Killer Queen」('74)
作詞・作曲:フレディ・マーキュリー

アメルカでの初ヒット曲(12位)。
上流階級のコールガールを歌った楽曲。
普段は作曲が先だが、この曲は歌詞から思いついた。

 

☆自転車をテーマにした聴くと楽しくなる名曲
7位 「Bicycle Race」('78)
作詞・作曲:フレディ・マーキュリー

フレディがフランスの自転車レースを見て思いついた。
日本では自転車のCMに使用された。

【本間昭光コメント】
メンバー4人全員で古い自転車のベル音を鳴らし、その後、ギターソロが始まるが、「ドレミファソラシド」を使ったお茶目なフレーズになっている。
楽しんで作ったのが伝わってくる。

 

☆ピアノをフレディの声が調和するピアノロック
6位 「Don't Stop Me Now」('78)
作詞・作曲:フレディ・マーキュリー

7枚目のアルバム「ジャズ」に収録。
ピアノがメインでギターは後半のソロまで出ない。
映画「ボヘミアン・ラプソディ」では、ギターが加わった音源を使用。
日本では度々CMで使用される曲のひとつ。

 

以上、10位から6位でした。

 

QUEENっぽさの音楽的ヒミツとは?

ゲスト3人が解説。

●ギターでハモる(ギターオーケストレーション)

たくさん音を重ねる多重録音。メロディやハモりをギターで重ねる。
こういったやり方は、ブライアン・メイが初めてではないかと思われる。
これをやると、「QUEENっぽい」と言われる。

 

●フレディ独特の「歌詞」&「曲のある特徴」

・歌詞がぶっ飛んでいる(雰囲気モノが多い)
・フレディの気まぐれで転調(感情のおもむくままに、とにかく転調しまくる)

 

●超簡単だけど、思いつかない(ベースの)リフ

ベースのフレーズがスゴイ!!

 

●フレディが作った曲のギター

「Bohemian Rhapsody」などは、特にギターソロは演奏が難しい!!
基本的にフレディはピアノで曲をつくるが、ピアノでの運指は難しくないが、ギターでやると大変。(左指が動きっぱなしになる)

 

●世界でひとつ!!こだわりのギター音

①ブライアン自作のギター(自宅の暖炉の木を使って作成:レッド・スペシャル)
②ピックはイギリス6ペンス硬貨
③電池駆動のアンプ(電池切れかけ)

※番組では、日本で唯一、ブライアン・メイ公認でレッド・スペシャル(オフィシャルのレプリカ)を製作している伊集院香崇尊さんがゲストとして登場。

 

ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)
クイーン
Universal Music =music= (2018-10-19)
売り上げランキング: 7

では、「マニア&ビギナーファンが選ぶ QUEENの名曲ベスト10」の5位~1位をみていきましょう。

5位~1位

☆古き良きラジオの時代を歌った名曲
5位 「Radio Ga Ga」('84)
作詞・作曲:ロジャー・テイラー(ドラム)

ラジオに対するノスタルジーを歌った曲。
レディ・ガガの名前の由来となった。

 

☆日本ではドラマ主題歌としてリバイバルヒット!!
4位 「I Was Born To Love You」('95)
作詞・作曲:フレディ・マーキュリー

情熱的なラブソング。

【本間昭光コメント】
もともとフレディのソロアルバムの曲だったが、フレディの死後、声とピアノだけを取り出してアレンジした曲。
ソロのときはピアノがメインだったが、アレンジ後ギターメインのロックな曲に仕上がった。

 ・ギターメインのバージョン

I Was Born To Love You

I Was Born To Love You

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

・フレディソロのピアノメインのバージョン

I Was Born To Love You

I Was Born To Love You

  • フレディ・マーキュリー
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

☆オペラとロックを融合させた名曲
3位 「Bohemian Rhapsody」('75)
作詞・作曲:フレディ・マーキュリー

世界的大ヒット曲。
曲はアカペラ・バラード・オペラ・ハードロックで構成。
6分間の長尺で、映画「ボヘミアン・ラプソディ」では、発売前にモメたシーンも。
アルバムの先行シングル 全英チャート9週連続1位。

【本間昭光コメント】
オペラパートのコーラスは厚みをもたせる為、レコーディングで音を重ねまくってる。
4人しかいないのにオーケストラを聴いているよう。

 

☆スポーツイベントでもお馴染み 勝者の為の一曲
2位 「We Are The Champions(伝説のチャンピオン)」('77)
作詞・作曲:フレディ・マーキュリー

全英チャート2位。
PVはQUEENのファンクラブが招待され撮影。
サッカーをはじめ、様々なスポーツでの定番曲。

【本間昭光コメント】
サビ後半に出てくるブライアンのギターの音量は、フレディのボーカルと同じ音量で、まるでツインボーカルのように絡み合っている。
これはもともと入っていたギターサウンドをブライアンが聴き、フレディの熱量に負けていると感じ、録り直したというこだわりのパート。

 

☆映画「「ボヘミアン・ラプソディ」では、この曲の誕生シーンが描かれている
1位 「We Will Rock You」('77)

作詞・作曲:ブライアン・メイ(ギター)

MVはドラムのロジャー・テイラー宅の裏庭で撮影。
ブライアン・メイ曰く「この曲は夢で浮かんだ」。

【本間昭光コメント】
作曲したブライアンがあちこちの床を踏みつけて、理想的な音がする場所を選び、結局ロンドン郊外の古い教会で録音されたこだわりのサウンド。

 

以上、QUEENの名曲ベスト10をみてきました。
さすがに、世界的なメジャーバンドだけあって、どの曲もお馴染みの曲ばかりですね。
個人的には、ロカビリー調でヒットした「Crazy Little Thing Called Love」なども好きです。

まだ映画「ボヘミアン・ラプソディ」をみていない人も、QUEENの素晴らしさを認識できる番組でした。

 

【関連記事】

www.nichijyo-eureka.com

 

 スポンサーリンク