日常エウレカ!

パソコン関連・DIY・音楽・ライブ・クロスカブ・評論など

【関ジャム完全燃SHOW】音楽のプロが本気で選んだ 2020年のマイベスト10【前編】

先日2021年1月10日、テレビ朝日系「関ジャム完全燃SHOW」は、毎年年始に放送されている好評企画「音楽のプロが本気で選んだマイベスト10」でした。
3人の音楽のプロが、昨年2020年に発売された楽曲の中からマイベストを10曲ずつ選んだ、1年間を振り返る名曲ランキングです。
(※今週の放送では、10位→5位までの発表でした。)

音楽のプロが本気で選んだ 2020年のマイベスト10

マイベストを選んだ音楽のプロは次の3人でした。

蔦谷好位置さん:音楽プロデューサー。
いしわたり淳治さん:作詞家・歌詞プロデューサー。
川谷絵音さん:ミュージシャン。
→ゲスの極み乙女。/indigo la Endなど複数のバンドで活動する一方、ソロとしても活動。また、複数のアーティストの楽曲をプロデュース。

 

(※記事中のランキング・曲名・コメント等の文章は、「関ジャム完全燃SHOW」2021年1月10日放送分より引用・要約などさせていただいております。)

 

ーーー[2021.01.18 追記]ーーーーーーーーーーーーーーー

2021年1月17日放送の 「2020年のマイベスト10【後編】」の記事を更新させていただきました。↓↓こちらのリンクから↓↓

www.nichijyo-eureka.com

ーーーーーーーーーーー[追記終わり]ーーーーーーーーーー 

 

スポンサーリンク

 

 

川谷絵音が選ぶ2020年のマイベスト10曲(10位→5位)

【10位】
☆デビュー23年目!!数々のヒットを記録する女性シンガーソングライター
●POINT:何度も聴きたくなる 超複雑なメロディー!!

「ハニーメモリー」/aiko(10/21発売)
作詞・作曲:AIKO 編曲:OSTER project

【川谷絵音さんのコメント】
aiko節炸裂のメロディー。(注:Bメロからサビのメロディー)
このキャリアでまだこんなメロディーの引き出しがあるのかと驚き。
難しいのにキャッチー。
Bメロからサビ。何がサビなのか最初わからなかった。
でも何回も聴きたくなるのは不思議。

 

【9位】
☆2017年結成 ライブで高い支持を得る4人組インディーズバンド
●POINT:ギターフレーズの不気味なミックスがクセになる!!

「不革命前夜」/NEE(8/9配信)
作詞・作曲:・編曲:くぅ
NEE:2017年結成。都内を中心にライブ活動を行う男女混合4人組エキゾチックバンド。

【川谷絵音さんのコメント】
J=POPマナーに則っていないサビの爆発力がたまりません。
そして、イントロのギターがめちゃくちゃデカい、不気味なミックスのなっています。
それが僕の中では新しくて、耳にかなりつきました。

 

【8位】
☆2014年デビュー 韓国最高の勢いを持つと言われるガールズグループ
●POINT:イントロから葉寿司がないK-POPの個人的No.1!!

「Dingga」/MAMAMO(11/3発売)
作詞:Do Hoon(RBW),Park Woo Sang(RBW),Moon Byul
作曲:Do Hoon(RBW),Park Woo Sang(RBW),Hwa Sa
編曲:Do Hoon(RBW),Park Woo Sang(RBW)
※2014年、音楽著作権料収入で1位を記録した韓国代表する作曲家キム・ドフンプロデュース。

【川谷絵音さんのコメント】
この曲はK-POPの中で一番好きです。
リズムもノリも、どこを聴いても良く、イントロから一切外しがない。
しかも、間奏がほとんどないため、「早くサビ来ないかな」とならず、曲も短いから何回もループできます。

 

【7位】
☆群馬在住!!YouTubeから火がついた音楽ユニット
●POINT:様々なリズムで同じ言葉を繰り返す驚異的な中毒性。

「マインド魂」/どんぐりず(8/26配信)
作詞・作曲・編曲:どんぐりず


どんぐりず:「森」さんと「チョモランマ」さんからなるユニット。中学時代、弾き語りユニットとして活動をスタート。2017年、YouTubeに投稿したMVで話題に。

【川谷絵音さんのコメント】
トラックがめちゃくちゃカッコ良い。
「ゆうとりますけど」を色々なリズムでラップする部分の中毒性がスゴい!!
ここを何回も聴きたくなって、飛ばしてききました。

 

【6位】
☆2019年デビュー ボカロPとシンガーソングライターの2人組ユニット
●POINT:コーラスの畳み掛ける多幸感が最高な1曲!!

「群青」/YOASOBI(9/1配信)
作詞・作曲・編曲:Ayase

【川谷絵音さんのコメント】
とにかく曲 が素晴らしい。
メロディーセンスはピカイチ!!
コーラスの畳み掛ける多幸感が最高!!めちゃくちゃエモい。
コーラスの後、またサビのメロディーが来ると聴こえ方が変わる。
サビをエモい状態で聴いているので。
最後まで「イイなぁ」で終われます。

 

【5位】
☆2007年結成 オルタナシーンを駆け抜ける4人組バンド
●POINT:歌詞に心奪われた!!音楽に携わる人は全員聴くべき曲(冒頭の歌詞に注目)

「3020」/SuiseiNoboAz(3/10配信)
作詞:石原正晴 作曲・編曲:SuiseiNoboAz
SuiseiNoboAz:2007年結成。2010年向井秀徳プロデュースの1stアルバムにてデビュー。

【川谷絵音さんのコメント】
3020年、1000年後を思い描いた歌詞に心を打たれました。
音楽をやっている人は全員聴くべき。
自分たちの音楽の1000年後なんて何も考えてなかったから、衝撃的な歌詞だった。
ちょうど米津玄師とバーで飲んでいる時に流れてきて、「これ、めっちゃ良いよね」と米津もこの曲を聴いてめちゃくちゃ盛り上がりました。


8位と9位の曲には、「Just The Two Of Us進行」(※「キラーボール」/ゲスの極み乙女。・「丸の内サディスティック」/椎名林檎・「愛を伝えたいだとか」/あいみょん等の曲使用されている)が使用されている。その他の曲にも、Just The Two Of Us進行の一部が使われている、と蔦谷さんが説明。
蔦谷さんが、川谷絵音さんは「Just The Two Of Us進行」が好きなのでは?と指摘。ご本人も、この進行をよく使う方、とおっしゃっていました。

 

いしわたり淳治が選ぶ2020年のマイベスト10曲(10位→5位)

※いしわたりさんは、皆が知っている曲だけれど、作詞家の目線で別の角度で面白味を紹介してみたい、という選曲。

 

【10位】
☆ネット上で音楽活動をスタート!!フェスにも数多くしゅつえんする24歳の男性ソロアーティスト
●POINT:突き抜ける疾走感。シンプルな青春ロック!!

「サーチライト」/秋山黄色(11/13配信)
作詞・作曲・編曲:秋山黄色
秋山黄色:24歳。YouTubeやSoundCloudなど、ネット上で楽曲を発表し音楽キャリアをスタート。2019年、メジャーデビューを果たし、2曲のドラマ主題歌を手掛ける。

【いしわたり淳治さんのコメント】
世の中は段々複雑な音楽が主流になってきましたが、シンプルなロックって、やっぱり気持ちが良いものなのだと改めて思いました。
こういう青い春の風の中を、前だけを見て駆け抜けるような音楽は、いつどんな時代であっても必要な気がします。

 

【9位】
☆動画再生3億回以上!!TikTokを中心に活動するアーティスト
●POINT:小さな音楽の”幸せなゴールの形”

「ポケットからきゅんです!」/ひらめ(8/28配信)
作詞・作曲:ひらめ

【いしわたり淳治さんのコメント】
音楽は誰かの暮らしの中で機能することが一番大事だと思います。
この歌が、何気ない日常の中にある「キュン♡」な瞬間のBGMとして若者たちの毎日の中で機能している様子は、弾き語りからポッと生まれた小さな音楽の、1つの幸せなゴールを見ているような感覚がしました。

 

【8位】
☆2006年結成 同じ学校で出会った5人組バンド
●POINT:このサビのフレーズは無意識に口ずさんでしまう!!

「背中合わせ」/GOOD ON THE REEL(2/12配信)
作詞・作曲:千野隆尋 編曲:松岡モトキ
※映画「酔うと化け物になる父がつらい」主題歌。

【いしわたり淳治さんのコメント】
サビの「背中合わせ 併せられる距離なら 向かい合えるはずだった」というフレーズが好きです。
とても大切なことを、とても簡潔に、美しく表現できていて素敵です。
個人的に「無意識でふと口ずさんでいたフレーズランキング2020 1位」だったような気がします。

 

【7位】
☆約3年ぶりに新曲を発表!!あの番組から誕生したアーティスト
●POINT:音楽史上初!?感想までを歌詞にした1曲

「ラブアース」/50TA(5/26配信)
作詞・作曲:50TA

【いしわたり淳治さんのコメント】
これまでJ-POPにも「体の中から力が湧いてくる」という歌はたくさんありましたが、「感じた事ない力が 体中から あふれてくる」と歌いきった後で「何コレ?すっごーい!」と、その湧いてきた力に対して感想まで歌った曲は初めてではないかと思います。

 

【6位】
☆2017年メジャーデビュー 3ヵ国語を操る女性アーティスト
●POINT:恋愛の心を掻き乱す歌詞が新しい

「ボイスメモ No.5」/ちゃんみな(2/19配信)
作詞・作曲:CHANMINA,Ryosuke"Dr.R"Sakai,Rhyan Besco 編曲:Ryosuke"Dr.R"Sakai

ちゃんみな:2017年メジャーデビュー。22歳のシンガーソングライター。日本語・韓国語・英語を操るトリリンガルラッパー。

【いしわたり淳治さんのコメント】
日記や写真なd、恋愛において心を搔き乱す”引き金”になる小物が、これまでも歌の中にたくさん登場してきましたが、スマホの「ボイスメモ」を用いたのには、新しさえお感じました。
誰でも似合うワードではないですが、ミュージシャンである彼女のキャラクターにクールなワードがよく似合っていて、歌としてのい真実味を醸し出していて素敵です。

 

【5位】
☆デビュー前からMV1億再生以上!!1万人から選ばれた大人気ガールズグループ
●POINT:親しみやすいサビのフレーズがこのグループを象徴!!

「Make you happy」/NiziU(6/30配信)
作詞:J.Y.Park"The Asiansoul",Yuka Matumoto 作曲・編曲:J.Y.Park"The Asiansoul",Lee Hae Sol

【いしわたり淳治さんのコメント】
オーディション密着番組によって、デビュー前から多くの人は彼女たちの人柄に「親しみ」を持っていたと思いますが、サビの「あ~もう!笑ってほしい」というフレーズは、そんな彼女たちの「親しみやすさ」を象徴するような素晴らしいワードだと思いました。

 

スポンサーリンク

 

蔦谷好位置が選ぶ2020年のマイベスト10曲(10位→5位)

【10位】
☆マルチな才能で人気急上昇中!!2人組ユニット
●POINT:ユーモアとセンスが高次元で融合した独創的な曲!!

「nadja」/どんぐりず(4/25発売)
作詞・作曲・編曲:どんぐりず


※川谷さんが7位に選んだ「マインド魂」のどんぐりずの別の曲を選曲。

【蔦谷好位置さんのコメント】
元々はYouTubeで面白系のカバー動画やオリジナル曲を動画にしていた2人ですが、類い稀なセンスと成長速度でラップをベースにした独創的な曲を量産、これからの活動から目が離せません。

 

【9位】
☆2012年に結成した人気ヒップホップクルーのメンバー
●POINT:冨田恵一プロデュースによる実力派ラッパー待望のデビュー曲

「The Moment」/Ryohu(10/7配信)
作詞:Ryohu 作曲・編曲:Keiichi Tomita(TOMITA LAB)

※Apple App StoreのCMソング
Ryohu:世田谷区出身のメンバーで構成された人気ヒップホップクルー「KANDYTOWN」のメンバーとしても活動する30歳。

【蔦谷好位置さんのコメント】
ゴスペル調のクワイヤ(聖歌隊)をサンプリング的に纏った冨田恵一さんによる見事なトラックにのるRyohuのラップは、しっかりとしたバックグラウンドがありながら、ジャンルを超えた様々なコラボをしてきた彼にしか出せない大きなスケールを感じます。
様々な壁を壊してその先にいる誰かに手を差し伸ばしてくれそうな、そんなアーティストだと思います。

 

【8位】
☆2012年結成 渋谷発のピアノトリオバンド!!
●POINT:元ドラマーが歌うグルーヴ感がたまらない1曲!!

「One Day」/Omoinotake(5/8配信)
作詞:福島智朗 作曲:藤井怜央 編曲:石井浩平(Alaska Jam)

【蔦谷好位置さんのコメント】
ボーカルの藤井レオ君は元ドラマーであり、その経験がメロディーの符割や歌のタイム感にも現れていて、グルーヴがあり心を躍らせてくれます。
時代の流行をしっかりと取り入れたサウンドが特徴ですが、この曲はコロナ禍にあっても打ち込みで完結せず、メンバーでリモートレコーディングを行うなど、非常に有機的でバンド感がしっかりあります。

 

【7位】
☆2017年メジャーデビュー!!アジア圏でも活動する4人組バンド
●POINT:着飾らない歌とアレンジが胸に迫る 美しく優しい曲

「やさしいままで」/never young beach(1/17配信)
作詞・作曲:安部勇麿 編曲:never young beach 

 
never young beach:近年は上海・北京・成都・深圳・杭州・台北・ソウル・バンコクなどでもライブに出演。

【蔦谷好位置さんのコメント】
ティン・パン・アレー(細野晴臣・松任谷正隆たのユニット)を彷彿とさせるようなサウンドと、PC上で綺麗に修正されていない歌う方が胸の迫ります。
必要最小限のアレンジと音の配置だけで楽曲の魅力を最大限に引き出してる素晴らしい作品です。

 

【6位】
☆2018年メジャーデビュー!!ライブパフォーマンスに定評あるエレクトロポップ・バンド
●POINT:6/8拍子で心を躍らせるセクシーバラード

「とろける」/Lucky Kilimanjaro(3/4発売)
作詞:熊木幸丸 作曲:Lucky Kilimanjaro


Lucky Kilimanjaro:シンセを中心としたエレクトロポップ・バンド。大学の軽音サークルの仲間同士で結成された6人組。ボーカルの熊木さんは、Hey!Say!JUMPなどに楽曲提供も行っている。

【蔦谷好位置さんのコメント】
昨年はとても精力的なリリースがあり、そのどれもが素晴らしいクオリティでしたが、アルバムの中から見事なラブバラードに心を奪われました。
シンセを駆使したエレクトロポップサウンドが中心ですが、6/8拍子のバラードでもこんなに心を躍らせる、セクシーな曲を作れる才能に脱帽です。

 

【5位】
☆全ての才能が驚異的 2020年を象徴する天才!!
●POINT:イントロの和声感と美しいボイシングにやられた1曲!!

「優しさ」/藤井風(5/20発売)
作詞・作曲:Fujii Kaze 編曲:Yaffle

【蔦谷好位置さんのコメント】
作詞作曲、歌唱、演奏パフォーマンス全てにおいて非常に高いポテンシャルを持っている藤井風ですが、この曲のイントロを聴いた時に彼の和声感のセンスに感服しました。
彼が好んで聴いて演奏してきた経験から生まれたボイシングだと思います。

また、藤井さんの楽曲のすばらしさには、プロデューサーのYaffleさんの力も大きいと指摘。
Yaffle:感度の高いプロデュースワークで、藤井風、iri、柴咲コウ、adieu(上白石萌歌)らのアレンジや楽曲提供から、CM、映画「響」「ナラタージュ」などの音楽制作等、幅広く活躍する気鋭のソングライター/プロデューサー。

 

今週の放送では、3人それぞれが選んだ10位→5位までの紹介でした。

どちらかと言うと、川谷さんは自身の好みの傾向、いしわたりさんは話題曲の(歌詞の中の)注目ポイント、蔦谷さんは発掘系の選曲という要素が強い印象を受けました。

 

スポンサーリンク

 

 

4位以降は次週放送

1位~4位は、次週1月17日の放送予定だそうです。


また、1月10日放送の「関ジャム完全燃SHOW」は、今回初めて「TVer」で限定配信しているそうです。↓↓下のリンクから↓↓

関ジャム完全燃SHOW|民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」 - 無料で動画見放題

 

来週放送の4位からのランキングが楽しみです。

 

【関連記事】

www.nichijyo-eureka.com

 

スポンサーリンク