日常エウレカ!

パソコン関連・DIY・音楽・ライブ・クロスカブ・評論などを紹介

【2017年注目】ポルカドットスティングレイがすごい!!

スポンサーリンク

ロックが好きな方からすれば、何を今さら、ということかもしれませんが、楽曲「テレキャスター・ストライプ」が話題となって以来、ロックバンド・ポルカドットスティングレイが注目されています。 

ポルカドットスティングレイ とは?

福岡県福岡市を拠点に、何かを企む 
超常ハイカラギターロックバンド
(HOME - ポルカドットスティングレイ Official HP!! より引用)

・・・ということです。

メンバー

雫(しずく):ボーカル・ギター
エジマハルシ:ギター
ウエムラユウキ:ベース
ミツヤスカズマ:ドラム

で、構成されています。
2015年1月頃から福岡で本格的に活動を開始し、メンバーの交代を経て、2015年8月に上記の4人の体1制になったそうです。

 

とにかく、ボーカルの雫さんの「圧倒的な存在感」と、印象的なギターのフレーズ、キレのいいカッティングで一度でも聴いたら、ハマってしまうこと間違いなしです。

 

ボーカル・雫の存在感

ギターのフレーズもとても印象的ですが、やはり目立つのが、ボーカルの雫さん。
雫さんは多才で、ポルカのほとんどの楽曲の作詞・作曲を務めるほか、「極彩」「 骨抜きE.P.」 「大正義」のCDジャケットのアートワーク、「テレキャスター・ストライプ」 「夜明けのオレンジ」のMVの監督などを務めているとのこと。
ポルカのライブ物販のグッズのデザインもこなしています。
で、その傍ら、ゲームアプリ「さわって!ぐでたま」の開発ディレクターとしての勤めもこなしているようです。
また、イギリスに留学していた帰国子女なんだそうで、なるほど英語の歌詞もとても流暢なのが納得できます。

椎名林檎を彷彿とさせる?!

曲を聴いて、「なんか、歌い方が昔の椎名林檎を彷彿とさせるな・・・」という印象を持ちましたが、これは、新しいものを何かにカテゴライズしなきゃ不安な(僕みたいな)おっさんがそう思うだけでしょうか?
でも、ホント、ボーカルの存在感とギターの独特のフレーズのバランスが絶妙なバンドですね。

 

ちなみに・・・
雫さんのインスタグラムをみてみると、過去の投稿から椎名林檎さんの影響(?)がうかがえました。

【2014年8月9日の投稿】

雫 on Instagram: “難航している東京事変コピバン”

↑↑東京事変のコピーバンドをやろうとしている様子のようです。

また・・・

【2015年2月7日の投稿】

雫 on Instagram: “ギター裏が埋まりました”
↑↑雫さんの愛用のギターの裏側の写真。
東京事変のマークのシールが貼ってあります。
先日4月にあったLINE LIVEの際にも、ギターの裏側が映ってましたが、東京事変のシールは貼ってありました。
(ちなみに、「ハズレ」というシールがありますが、雫さんが以前に組んでいたバンドの名前だということです。)

 

また、音楽的ルーツを訊かれるインタビューで、「人生で初めて、自分で聴いてたCD」として、椎名林檎の「茎(STEM)~大名遊ビ編~」を挙げて、

小学生のころから椎名林檎さんが大好きで、ずっと尊敬しています。
この曲を聴いて以来、音楽が大好きになって自分の部屋では絶えず音楽が流れているようになりました。
椎名林檎さんは、美しくて眩しくて、強くて、素敵なスーパースターです。

(※Rootscoaster Vol.111 / 雫(ポルカドットスティングレイ)|Spincoaster (スピンコースター) | 心が震える音楽との出逢いを より引用)

・・・ということも言っています。

 

まぁ、影響があったかどうかはわかりませんが、椎名林檎さん(または、東京事変)のファンなのかなぁ、ということはうかがえます。

今後にも期待!!

今年2017年4月26日に、1st Mini Album「大正義」をリリースしたところ、オリコンウィークリー初登場7位、デイリー初登場5位を記録。
インディーズでのこの順位は、驚異的です。

 

大正義

大正義

  • アーティスト: ポルカドットスティングレイ
  • 出版社/メーカー: Universal Music LLC
  • 発売日: 2017/04/26
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

 

先日、5月3日に出演したロックフェス「VIVA LA ROCK 2017」では、「CAVE STAGE」という3rdステージながら、午前中にもかかわらず「入場規制」がかかるという人気ぶり。
これが、フェス初出演とのことだから、驚きです。

 

昨年は、GoogleのWebCMにも出演し、井上陽水さんの「夢の中へ」をカバーしたり、今年2017年1月には、バカリズムさん司会の音楽番組「バズリズム」で「今年バズるアーティスト」に選ばれたりと話題にかかないところです。
今後、より露出しそうなバンドですね。

 

スポンサーリンク