日常エウレカ!

智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。 兎角に人の世は住みにくい。

清竜人 新曲発表会@duo MUSIC EXCHANGE へ行ってきました。

昨日2018年5月31日、渋谷のduo MUSIC EXCHANGEにて行われた「清竜人 新曲発表会」へ行ってきました。 

f:id:napamaru:20180601084257j:plain

ちなみに、「duo MUSIC EXCHANGE」は、TUTAYA O-EASTビルの1階です。

f:id:napamaru:20180601085418j:plain

「清竜人」ソロ名義の新曲発表会

シンガーソングラターの清竜人さんは、昨年2017年は、アイドルユニット「清竜人25」や、観客とバンドを組むプロジェクト「TOWN」を終了、年末にはソロコンサートを行うなど、今後、ソロとして活動することを明言していたと思います。
今回のライブは、ソロ活動再開のシングルなどに収録されるであろう、ソロ名義の「新曲」だけを歌う発表会でした。

清竜人さんと言えば、アルバムやツアーごとに楽曲の作風やコンセプトを変えてくることで有名なので、この新曲発表会は、「新しい清竜人は、どんなコンセプトで来るのか?」という点にも、来場した皆さんも注目していたんではないでしょうか?

 

このライブの数日前に、ライブで販売されるグッズの発表がありました。
グッズとしては、竜人さんの顔写真の「うちわ」や、市松模様風の柄に清竜人・平成の男と漢字が入った渋めの「手ぬぐい」(タオルではなく、手ぬぐい)などでした。
グッズから想像するに、なんとなく「演歌」とか「歌謡曲」とかを歌うんじゃないか?と連想されるモノでした。

 

この日のライブは、二部制で、18:00と21:00に行われましたが、僕は21:00の回に参加しました。
会場に着いた頃には、もう18:00の回が終わっていたハズなので、ネットで検索すれば、どんな楽曲をやっていたのか、探ることは可能だったと思うんですが、やはり自分の耳で聴いて確かめたい、という思いで、予備知識なしでライブを観ました。

開演

ステージには、バンドセットなどはありません。
生演奏ではなく、オケが流れる中、竜人さんが登場し歌い始めます。
ステージには、欧風(?)のちょっと豪華でレトロな椅子と脇机にはブランデーっぽいものが用意されています(中身は酒かどうかわかりませんが)。
あと、上からシャンデリアがさがっています。

歌謡曲・・・?!

サビのあたりまで聴いての印象は・・・
「歌謡曲」だ・・・「昭和歌謡」だ・・・
という印象でした。

曲名がわからないので、セトリは書けませんが(後日注:セトリを最後に記載させていただきました)、全部で6曲歌って、最後に歌った曲が7月25日に発売されるシングルのタイトル曲「平成の男」でした。

竜人さんがMCを・・・!?

ちょっと驚いたのは、今までライブでMCをほとんどしなかった竜人さんが、普通にMCをしていました。
そんなに長いMCではありませんでしたが、今後は「歌謡ショー」みたいなステージになるんでしょうか?

 

シングル「平成の男」

シングル「平成の男」のアマゾンの解説を引用させていただくと・・・

●移籍第1弾となるシングルのテーマは“昭和歌謡"! 
●古き良き昭和の時代を踏襲しつつ、新しい風を吹き込んだ清 竜人ならではの平成歌謡曲です。
編曲には昭和歌謡曲黄金時代の豪華作家陣の参加が決定。

(アマゾン 「平成の男」の商品説明より引用) 

 

平成の男

平成の男

 

 

昨日のライブで聴いただけだと、正直どう評価していいのかわからないんですが、「歌謡曲」と言っても、ジャズっぽいアレンジの曲や、昭和のアイドルポップ風(?)のような曲など、曲調は様々な印象でした。

 

竜人さんのオフィシャルサイトによると、今回のシングルはアレンジャーも豪華で、「平成の男」のアレンジは、あのゴダイゴのミッキー吉野さんだとか。すごい。

 

7月25日に、シングル「平成の男」が発売されて、その7月25日から、東名阪のツアーが始まるそうです。

 【清 竜人ツアー 2018 夏】

日程/会場:

2018年7月25日(水) 東京 WWW X
2018年7月30日(月) 東京 WWW X
2018年8月1日(水) 名古屋 BOTTOMLINE
2018年8月2日(木) 大阪 味園ユニバース

終演後、全公演入場者限定の握手会もあり!!

時間:開場 18:30 / 開演 19:30(全公演共通)
席種:スタンディング

(清竜人オフィシャルサイト http://kiyoshiryujin.com/news.html より引用)

 

昨日のライブで竜人さんが言っていたのは、今回はアルバムを背負ってのツアーではなく、シングルのみで、ライブの尺が足りないので、「痛いよ」みたいな曲もやります、ということでした。(曲名を言ったのではなく、「痛いよ」の一節を歌って、こんな曲もやります、みたいな感じでした)
正直、2時間くらいの歌謡ショーだったら、行くのを迷ってましたが、昔の曲もやりそうなので、やはりライブには行きたいです。
終演後の「握手会」は、別途料金がかるかもですが、そういう「接触系」もあるようです。

 

今のところ、新曲の雰囲気にまだピンときていない感じの僕ですが(「今のところ」です・・・)、今後のシングル発売、ツアーが楽しみです。

 

[2018.06.02 追記]

【2018.05.31 セットリスト】

01. Love Letter
02. 抱きしめたって、近過ぎて
03. 馬鹿真面目
04. 涙雨サヨ・ナラ
05. 私は私と浮気をするのよ
06. 平成の男

【ライブレポート】平成の男・清竜人、 新曲発表会で往年のスターさながら歌謡ショー - 音楽ナタリー より引用)

 

スポンサーリンク

 

 

[2018.07.31 追記]
2018年7月30日に、ツアーの渋谷公演に行ってきました。↓↓

www.nichijyo-eureka.com

 

[2018.06.03 追記]

5月31日のライブでの「平成の男」を歌う模様が公開されました。

 

[追記]
そう言えば、昨日のライブの客層は、ホント若い女性が多かったです。
僕のようなおっさんや、おばさんはほとんどいなかったです。
清竜人25やTOWNの頃は、おっさん多めに感じてたんですが、竜人さんもソロ活動に戻ったので、本来のファンである若い女性という客層に戻っただけかもしれません・・・(来ていた男性も、若めの人が多かった印象)
誰も他のお客のことを気にはしていないとは思いつつも、今後のライブとか行きにくくなるかもなぁ、とため息。