日常エウレカ!

パソコン関連・DIY・音楽・ライブ・クロスカブ・評論などを紹介

【清竜人】根本宗子演出の舞台で主演デビュー!

スポンサーリンク

2019年5月にアルバム「REIWA」を発表したシンガーソングライターの清竜人さんが、この度、根本宗子さんが主宰する劇団・月刊「根本宗子」の舞台で、音楽監督を務めるとともに「主演」することが発表されました。

月刊「根本宗子」『今、出来る、精一杯。』

月刊「根本宗子」は、劇作家で女優の根本宗子さんが19歳の時に立ち上げた劇団で、根本さんが脚本・演出を手掛けています。

劇団として今まで数多くの公演を行っていて、『今、出来る、精一杯。』は、月刊「根本宗子」の本公演(第17号)として、2019年12月13日(金)~19日(木)に新国立劇場・中劇場で行われます。

『今、出来る、精一杯。』は、劇団の代表作ということで、第7号で初演、再び第7号で再演されています。
今回の第17号は、劇団旗揚げ10周年で「音楽劇として新たにリメイク」された内容での公演とのことです。

(僕自身、根本宗子さんは前々から存じてはいましたが、以前、渋谷ヒカリエで行われた「実演劇販売」を観に行ったり、CSで放送された第13号「夢と希望の先」を観たりという程度で、なにぶん演劇関係に疎いので、このあたりの記載が間違っていたら、お手数ですがご指摘ください。)

www.nichijyo-eureka.com

清竜人さんが本格的に役者デビュー

清竜人さんは、2009年にシングル「Morning Sun」でデビューし、精力的に音楽活動を続けるシンガーソングライター。

アルバムごとに作風やビジュアルを一変し、2014年にはアイドルグループ「清竜人25」をプロデュース、自らセンターで歌って踊るなど、毎回驚かされますが、今まで本格的な演技の仕事はしていないのではないかと思います。

 

※赤髪モヒカン・背中に竜のタトゥーの「TOWN」ビジュアル

TOWN
TOWN
posted with amazlet at 19.09.02
TOY'S FACTORY (2017-09-20)
売り上げランキング: 232,832

ちなみに、竜人さんは2012年に4thアルバム「MUSIC」を発表し、アルバム収録の10曲の楽曲をミュージカル風に表現したライブ「MUSIC SHOW」を同年に開催しています。
「MUSIC SHOW」では、楽曲の前後に寸劇があり、竜人さんを中心に出演者が芝居をしていました。(芝居は生でセリフをしゃべりますが、楽曲は「口パク」。当時の竜人さんは、「歌いながら踊れない」という理由で口パクにしたそうです。)

先日2019年5月に行われた「清竜人 ハーレムフェスタ2019」で、「MUSIC SHOW」の中から4曲だけ再演されました。
その中の1曲「おどれどつきまわしたろか」では、竜人さんは「拳銃で撃たれて死ぬ」という迫真の演技をされていました。
同時に、2019年10月に「MUSIC SHOW」をフルで再演することが発表されました。

個人的には「MUSIC SHOW」が大好きでDVDを何度も観返していて、10月の再演はホントに楽しみにしています。
また、そろそろ「役者」としての竜人さんもみてみたいなぁ、というところだったので、この『今、出来る、精一杯。』での主演はホントに期待が大きいです。

ミュージシャンが演技をすることについては賛否両論があるのかもしれませんが、そこは、演技の内容、とか、どういった作品に出るか、といったところで評価が変わるのかと思います。
そういった意味でも、根本宗子さんの演出で演技をしてくれることはホントに楽しみ。
また、他の作家の舞台の音楽監督を務めるというのも新しい試みだと思いますので期待が大きいです。

チケット一般販売は10月から

まだ詳細が発表されていませんが、『今、出来る、精一杯。』の告知ビジュアルによると、チケット一般販売は10月からということです。
ただ、月刊「根本宗子」のサイドなどで、先行販売もあるかと思いますし、根本さんの公演はホント人気なので、チケットの販売関係の情報は要チェックです。

この10月は、おそらく口パクの「MUSIC SHOW」、12月には演劇で主演と、なかなか竜人さんの新曲を聴けなさそうな時期が続きます。
ミュージシャンの清竜人ファンとしては、ライブでの生歌や新曲を早く聴きたいなぁ、という気持ちもあります。
僕の妄想としては、10月の「MUSIC SHOW」では、初演の完コピ・口パクだけではなく、何か豪華ゲストを招いて「一部生歌」とかも期待してますし(あくまで僕の妄想ですが)、『今、出来る、精一杯。』は「音楽劇にアレンジ」とあるので、竜人さんがアレンジした曲(または作曲した曲)を歌う竜人さんも観れるのかなぁ、とも思います。

とにかく、ここまでくると何をやっても竜人ファンは驚かないと思うので、竜人さんはマルチな才能をフル活用して「幅広い」活躍をしてください!

【関連記事】

www.nichijyo-eureka.com

www.nichijyo-eureka.com

www.nichijyo-eureka.com

 

スポンサーリンク