日常エウレカ!

パソコン関連・DIY・音楽・ライブ・クロスカブ・評論などを紹介

【でんぱ組.inc】「夢眠ねむ卒業公演」に行ってきました

スポンサーリンク

2019年1月6日・7日、日本武道館にて、アイドルグループ・でんぱ組.incが、2日間にわたり「でんぱ組.inc コスモツアー 2019 in 日本武道館」を行いました。
2日目の1月7日の公演は、メンバーでミントグリーン担当の夢眠ねむさんがこのライブをもってでんぱ組.incを卒業するため、「夢眠ねむ卒業公演 ~新たなる旅立ち~」と題されています。
でんぱ組.incのファンにとって、とりわけ、「夢眠ねむ推し」にとって、大切なライブとなりました。

f:id:napamaru:20190313191222j:plain

武道館に行ってきました

かく言う僕も「夢眠ねむ推し」なので、7日は、なんとかチケットをとって武道館まで観にいってきました。

f:id:napamaru:20190313191250j:plain

1月6日・7日の両日ともチケットは完売、立ち見席のチケットまで販売されただけあって、武道館のまわりも、人だらけ、会場内に入っても、満員の観客で埋めつくされていました。

お花

f:id:napamaru:20190313191318j:plain

元メンバーの最上もがさん、跡部みぅさんからも、お花が届いていました。

ユメミスト作成の「卒業アルバム」

席につくと、「ユメミスト一同」が作成した、夢眠ねむさんの「卒業アルバム」なる自主制作の冊子も置いてありました。

f:id:napamaru:20190313191344j:plain

f:id:napamaru:20190313191401j:plain

夢眠さんの年表になっています。
こういうファンの心遣いが、ほっこりします

 

満席の中、開演

7日の公演は、CSで生中継されることもあり、ほぼ定刻で開演。 

夢眠さんの卒業公演だけあって、この日のセトリは、夢眠さんがやりたい曲ばかりをやります、ということでした。
なので、先にセットリストを記載させていただきます。↓↓

【でんぱ組.inc 2018.01.07 夢眠ねむ卒業公演 セットリスト】

・太陽系観察中生命体
・ギラメタスでんぱスターズ
・VANDALISM
・バリ3共和国
・プレシャスサマー!
・まもなく、でんぱ組.incが離陸致します♡
・でんぱれーどJAPAN
・わっほい?お祭り.inc
・ピコッピクッピカッて恋してよ
・電波圏外SAYONARA
・Kiss+kissでおわらない
・でんぱーりーナイト
・くちづけキボンヌ
・あした地球がこなごなになっても
・FD3,DEMPA ROCKET GO!!
・キラキラチューン
・エバーグリーン
・でんでんぱっしょん

【アンコール(1)】
・絢爛マイユース
・WWDBEST
【アンコール(2)】
・Future Diver(新体制6人ver.)

でんぱ組.inc @ 日本武道館 (東京都) (2019.01.07) | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】 より引用させていただきました。)

※一部をのぞいて、「でんでんビッグバンド」の演奏でした。

 

・・・いいセトリでした。
1stから4thアルバムまでの曲が入って、なおかつ、どちらかと言うと、 古めの曲が多めな感じで、安定して聴けました。

 

「でんぱれーどJAPAN」では、最後の「ハジマリ」のところで、通常、古川未鈴さんだけが立っていて、他のメンバーは横たわっている振り付けでは、夢眠さんが古川さんを倒して自分が立つ(センターになる)、という演出がありました。

 

「わっほい?お祭り.inc」から「Kiss+kissでおわらない」までを、夢眠さんは、「いにしえメドレー」と呼んでいました。(「Kiss+kissでおわらない」はフルコーラス)
特に「電波圏外SAYONARA」は、元メンバーの跡部さんが卒業した1stワンマンライブ以来、初めての披露だと思います。

 

ミントグリーンを引継ぐ

夢眠さんの担当カラーは「ミントグリーン」ですが、この色を2017年加入の新メンバー根本凪さんへ引き継いでもらうこと、元々根本さん用に照らしていた濃い緑(通常の緑?)は、「エバーグリーン」の時に染める色にしましょう、ということも発表されました。
元メンバーの跡部みぅさんの「ピンク」、最上もがさんの「紫」が、現状では欠番になっていることを考えると、「ミントグリーン」も継承ではなく、欠番にして、「エバーグリーン」の染め色にしてもよかったような気もします。
継承した根本さんも、自身の推しである夢眠さんの色を引継げることは嬉しいにしても、一方で相当なプレッシャーでもあるでしょうし・・・

最後の曲は「WWDBEST」

1回目のアンコールのラストの曲、夢眠さんが、一番やりたい曲(好きな曲だったかな?)をもってきた、と言って「WWDBEST」を披露しました。
あえて、「WWD」系の曲を持ってきたのは、何か深い意味があるとは思いますが、僕個人としては、7人体制でこの曲をやることに、少し違和感がありました。
個人的には、最上もがさんがいた6人体制のための曲というイメージが強いし、メンバーもその事に思い入れがあるのかと、勝手に思っていたので意外でした。
単純に、でんぱ組.incのために、多くのクリエイターの合作としてつくられた名曲なので、夢眠さんも最後にやりたかったのかもしれません。
やはり、ここで「WWDBEST」をやるのには、何らかのメッセージ性があるとは思うんですが、まだまだニワカヲタの僕にはわからなかったので、かなり無粋ではありますが、いつの日か、本人から解説があれば、ありがたいです。
夢眠さんの「本意」を聞けば、また違った印象になるかも。(でも、いろいろと想像するのも、楽しいんですけどね。)→※後日、ねむさんのインスタグラムにて説明あり。下記の[追記]へ記載。 

元でんぱ組.incの夢眠ねむ

2回目のアンコールでは、「でんぱ組.incを卒業した夢眠ねむ」として夢眠さんが登場。
自分が卒業しても、でんぱ組.incは続いていくこと、そして、夢眠ねむ推しに対して、これからも一緒にでんぱ組.incのライブを観に行こう、と切実に訴えていました。

 

今後は6人体制で活動

その後、夢眠さん1人が抜けた新体制の6人が登場し、6人で「Future Diver」を披露。
夢眠さんは、ステージ脇で、でんぱファンとして応援しました。
(ちなみに、「Future Diver」の落ちサビは、やはり根本さんが担当しました。) 

 

最後に、センターの古川さんから、2019年の3月から6人体制での初ツアーとなる東名阪ツアーを行うことが発表されました。

f:id:napamaru:20190313191501j:plain
(武道館で配布されたフライヤー)


夢眠さんが卒業した後の観客動員について、古川さんが心配していることを自身のMCでも話していましたが、この2日間、武道館を満員にしたグループが、あらためて小規模な「ライブハウスツアー」から始めることには、いろんな意味がありそうです。
「渋谷TSUTAYA O-EAST」は、個人的には何回も行っていて、とても観やすいライブハウスと思いますが、キャパは約1300人です。
2017年に新メンバーが2人加入したとはいえ、2017年に脱退した最上もがさん、今回卒業した夢眠ねむさんは、2人とも特に人気があったメンバーですから、やはり、観客動員の見積りとして、慎重になっているのかな、とも想像できます。
まずは、新しい6人の体制として、ライブハウス規模で始めて、チケット「即完」で、再スタートしよう、ということでしょうか。

 

いずれにしても、夢眠ねむさん卒業後、僕個人も「推し」を探しながら、新しいでんぱ組.incを、まだまだ見守っていきたいと思います。
最後に、何個かツイッターを引用させていただきます。

 

でんぱ組.inc 卒業しました!ありがとうございました!!
夢眠ねむ (@yumeminemu) | Twitter より引用)

 

でんぱ組.incの元プロデューサーのもふくちゃん

あかり、跡部、もがちゃん、夢眠ねむ。みんなでんぱ組.incを作ってきてくれた大切な仲間!みんな「コンカフェのアルバイト」からアイドルにならない?っていうムチャ振りに全力で応えてくれてありがとうw‼️そしてまたいつか、でんぱ組に入れたいと思える子との出会いが、とても楽しみ。
もふくちゃん/福嶋麻衣子 (@mofuku) | Twitter より引用)

 

元メンバー・最上もがさん

ずっと元気でいられて、同じステージの上で見送れたら良かったな、なんて思いながら、それもきっと耐えきれなかったんだろう。誰も不幸にさせない卒業はとても素晴らしい。ねむさん、おめでとう。

(ツイッター @mogatanpeより引用)

 

夢眠さん自身もファンを公言していて、「まもなく、でんぱ組.incが離陸致します♡」などの楽曲を作詞・作曲した清竜人さん

ねむちゃん。長い間お疲れ様でした。女の嘘は男の夢さ。戻って来たって良いんだよ。さようなら。また逢う日まで。
清 竜人 (@ryujin_kiyoshi) | Twitter より引用)

 

スポンサーリンク

 

 

[2019.01.10 追記]
加筆・修正しました。

[2019.01.15 追記]
卒業公演で「WWDBEST」を披露したことについて、夢眠ねむさんが自身のインスタグラムのアカウントの「ストーリー」で、ファンの質問に答える形で少し説明しています。(2019年3月末で、引退の為、夢眠ねむさんのアカウントは削除。)

質問です
「wwdシリーズ封印するってなんだったんですか?」
夢眠さんの回答
「WWDBESTは初期から今までを通してのでんぱ組全体の歌だと思うからです。
秘伝のうなぎのタレのように継ぎ足していきたいもの。
W.W.DとW.W.D Ⅱとは別、関わってくれた人、時間、全てが凝縮された特別な歌です。
(夢眠ねむさんのインスタグラム・ストーリーズより引用)

と説明されています。
・・・「WWDBEST」の歌詞の内容からすると、ちょっと苦しい説明の感じもしますが・・・

また、今回披露した「WWDBEST」に関して、別の質問で、

質問です 
「WWDBESTの振り付け、それこそ継ぎ足しのごとく2年前と変わってましたよね??」
夢眠ねむさんの回答
「よく気付きましたね!ギラメダが入ってました。
次やるときは、どんな振りが増えるのかな。」
(夢眠ねむさんのインスタグラム・ストーリーより引用)

・・・ということらしいです。

※「ストーリーズ」機能は、後に「消える」からこそ、そこにアップしているので、こうして記録に残すことは、無粋かもしれません。
しかし、今回のライブの重要な点だと思うので、追記させていただきました。

 

【関連記事】

www.nichijyo-eureka.com

www.nichijyo-eureka.com